商品一覧

ZEUS
古代ギリシアの伝説的な詩人ホメロスに「葡萄酒色になせる海」と言わしめるほどの景色を染める夕日に照らされた、海神に捧げられし神殿。

>>商品詳細

サグラダ・ファミリア
<El Temple Expiatori de la Sagrada Familia>

■サグラダ・ファミリアは、スペインのバルセロナに建てられている教会。未だに建設中のガウディの代表作として有名。2005年に世界遺産として登録。

>>商品詳細

ハロン湾 <Ha Long Bay>
■ハロン湾は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾の名称であり、大小3,000もの奇岩・島々が存在する。
1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)指定。

>>商品詳細

モン・サン=ミシェル <Mont Saint-Michel>
■モン・サン=ミシェルはフランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院。 カトリックの巡礼地のひとつであり、「西洋の驚異」と称され、1979年「モンサンミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

>>商品詳細

ストーンヘンジ <Stonehenge>
■ストーンヘンジは、ロンドンから西に約200kmのイギリス南部・ソールズベリーから北西に13km程に位置する環状列石のこと。 1986年にUNESCOの世界遺産に加えられた。

>>商品詳細

自由の女神像 <The Statue of Liberty>
■自由の女神は、アメリカ合衆国のニューヨーク港内、リバティ島にある像。正式名称は、Liberty Enlightening the World(世界を照らす自由)。アメリカの独立100周年を記念して、独立を支援したフランス人民の募金によって贈呈され、1886年完成。1984年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録される。

>>商品詳細

ヒクソン・グレイシー <Rickson・Gracie>

>>商品詳細

ジャン・アレジ <Jean・Alesi>
-Alesi Switz-


>>商品詳細

ジャン・アレジ <Jean・Alesi>
-Ultimate Alesi-


>>商品詳細

ジャン・アレジ <Jean・Alesi>
-Last Run-


>>商品詳細

ジャン・アレジ <Jean・Alesi>
-Monaco-


>>商品詳細

河村隆一
-Le belle giornate della competizione X-


SOLD OUT

河村隆一
-Le belle giornate della competizione T-


SOLD OUT

河村隆一
-Le belle giornate della competizione Y-


SOLD OUT

河村隆一

SOLD OUT

河村隆一

SOLD OUT

河村隆一

SOLD OUT

河村隆一

SOLD OUT

河村隆一
-Le belle giornate della competizione ]T-


SOLD OUT

河村隆一

SOLD OUT

The sky of healing 「落陽」
夕刻の渋谷の街を朱く包み込む空。浮かぶ雲も太陽の色に染まり始める。
大空が織り成す芸術的な時間だ。

>>商品詳細

The sky of healing 「龍U」
神南より富士山を望む、そこに突如として現れた龍を捉えた。
霊峰富士周辺で語り継がれる八大竜王の姿だろうか。

>>商品詳細

コンコルディア神殿 <Agrigento of Sicilia / Italia>
壮大な眺めが広がる丘の上に建つ古代ギリシャの遺品。
シンプルでバランスの取れた構造、保存状態も良く、見る者を紀元前5世紀の当時へと誘ってくれる。
古代ギリシャの空気をそのままに残すかのように時の止まった空間である。

>>商品詳細

エレクテイオン 
<The Acropolis of Athenes / Greece>

アクロポリスの丘の北側ぎりぎりに立つ神殿、エレクテイオン。

>>商品詳細

金山嶺長城・龍 <The Great Wall / China>
稜線に沿って伸びる様は正しく龍の姿
どこまでも続くその姿に思わず足を止め見入ってしまう。

>>商品詳細

金山嶺長城・龍II <The Great Wall / China>
観光地として整備されず、当時のまま手を加えられずに朽ちた姿が長い時間の流れを感じさせる。
剥がれた石畳が龍の背中を感じさせる。

>>商品詳細

金山嶺長城・龍III <The Great Wall / China>
風の通り道なのか、または龍が通る場所なのかこの場所だけ強い風が吹き続け、立っているのも困難なほど。
およそ6時間歩き続け出会った特別な場所。

>>商品詳細

モン・サン・ミシェルII <Mont Saint-Michel / France>
モン・サン・ミシェルへと続く道路を作ったために海流が変わり陸地化した周辺の地形を生かして撮影した作品。
「西洋の驚異」と称されるその姿を望む。

>>商品詳細

オリーブ <The Acropolis of Athenes / Greece>
エレクテイオンの一角にある聖なるオリーブの樹。

>>商品詳細

パルテノン神殿 <The Acropolis of Athenes / Greece>
古代ギリシア時代にアテナイのアクロポリスの上に建設されたアテナ神を祭る神殿。
外部を囲む柱はドリス式で、柱が細く見えないよう弧を描くように中心に膨らみを持った美しい造りになっている。

>>商品詳細

パルテノン神殿II <The Acropolis of Athenes / Greece>
古代ギリシア時代にアテナイのアクロポリスの上に建設されたアテナ神を祭る神殿。

>>商品詳細

龍雲 <Ha Long Bay / Vietnam>
龍の伝説が語り継がれるハロン湾
撮影中に背後から何かに呼ばれるような気がした。
振り向くとそこには伝説の龍がいた。
世界遺産の島々の上に突如として現れた龍。
この作品が私が初めて龍と出会った写真である。
これ以降、龍の姿を追い求める事になる。

>>商品詳細

サグラダ・ファミリアE1 
<El Temple Expiatori de la Sagrada Familia / Espana>

アントニ=ガウディの代表的建築物、サグラダ・ファミリア

>>商品詳細

Anuenue <Hawaii / United States>
太古の昔、ハワイには虹がなかったと言われている
そのため、メネフネと呼ばれる小人族が虹の材料を集め、作り出したという伝説がある。
この虹に出会えたのもそんなメネフネ達のおかげだ。
※Anuenue(アヌエヌエ)とはハワイ語で「虹」の意味

>>商品詳細

AnuenueII <Hawaii / United States>
車での移動中、スコールの後に現れた二重の虹。
ハワイの広い空で出会う虹は何故だか幸せな気持ちを与えてくれる。
ハワイには"虹のふもとには宝物が埋まっている"という伝説があるのだがこの幸せな気持ちこそが宝物なのかも知れない。
※Anuenue(アヌエヌエ)とはハワイ語で「虹」の意味

>>商品詳細

Bucephalus <Cebu Island / Philippines>
吸い込まれそうなブルーのキャンバスの上を駆ける白い影と遭遇した。
その雄々しい姿にアレクサンドロス3世の愛馬ブケパロスをイメージした。

>>商品詳細

Dragon <Cebu Island / Philippines>
どこまでも広がる大海原の上に現れた龍。
天を見上げる眼差し、堂々たる姿に威厳を感じる。

>>商品詳細

DragonII <Cebu Island / Philippines>
頭上を駆け抜けていく龍の姿
どこまでも続く空の彼方へと舞うその姿を捉えた。

>>商品詳細

Greed <Cebu Island / Philippines>
海上に現れた無数の柱
天空に向かって湧き上がる様はまるでこの世のあらゆる欲望が湧き出す姿のようだ。

>>商品詳細

Heaven <Cebu Island / Philippines>
天空に現れた巨大な雲は南の楽園に存在する天国だろうか
真っ直ぐに伸びる手摺の無い桟橋は個々を導く天国へのアプローチ。

>>商品詳細

へファイストス神殿 <Athena / Greece>
アクロポリスの足元に広がる古代アゴラ。
その中に建つ、火と鍛冶を司る神へスファイトスを祀った神殿。

>>商品詳細

へファイストス神殿II <Athena / Greece>
アクロポリスの足元に広がる古代アゴラ。
その中に建つ、火と鍛冶を司る神へスファイトスを祀った神殿。
今も当時の姿を強くとどめ、その長い歴史と時間を感じさせてくれる。

>>商品詳細

オンフルール <Honfleur/France>
フランス、ノルマンディー地方の港町オンフルール
フランスの中でも私が特に気に入っている場所のひとつ。
印象派の画家たちも題材にした美しい町並みは訪れる人々にゆるやかな時間の流れを与えてくれる。
数十年後に訪れてもその良さは変わらないと確信できる。

>>商品詳細

Poseidon <Cebu Island / Philippines>
穏やかに広がる美しい海
海洋の神ポセイドンが横顔を覗かせた。
この海の平穏は彼によって保たれているのだろう。

>>商品詳細

ゼウス神殿 <Athena / Greece>
ギリシャ、オリンピアのゼウス神殿。

>>商品詳細

ゼウス神殿II <Athena / Greece>
ギリシャ、オリンピアのゼウス神殿。
悠然と天を指す柱を見上げる。アカンサスの葉を模したコリント式オーダーの柱頭が青空に映える。
その高さ17mギリシャ最大の神殿。
私が最も気に入っている柱だ。

>>商品詳細

Triangle <Cebu Island / Philippines>
雲のぶつかり合う瞬間に現れたトライアングル
厚い雨雲に隔てられた天上への入口なのだろうか。
その口の向こう側に青空が覗く。

>>商品詳細

Center of the sky <Biei-Hokkaido / Japan>
広大な大地にぽつんと佇む一本の木。
まるでここが空の中心であるかのように雲を集めている。

>>商品詳細

Colline <Biei-Hokkaido / Japan>
真っ直ぐに空に向かい伸びるポプラ。
その姿はまるで空に手をかざし雲を呼び集めているかのようだ。

>>商品詳細

CollineII <Biei-Hokkaido / Japan>
刻一刻と変化を続ける空の姿。
この先も永遠に続くであろうその時の流れをセピア調に仕上げ閉じ込めた。

>>商品詳細

CollineIII <Biei-Hokkaido / Japan>
穏やかな時間の中どこまでも続いて行きそうな道を空に向かって歩いて行きたくなる。

>>商品詳細

CollineIV <Biei-Hokkaido / Japan>
夕日に色づく赤羽の丘。
空も大地もゆっくりと同じ色に染まってゆく時に身を委ねる。

>>商品詳細

CollineV <Biei-Hokkaido / Japan>
傾き始めた陽の光を受け、雲が浮かび上がる。
留まることなく変わり続ける景色をいつまでも眺めていたいと思わせる。

>>商品詳細

Leaning Tree <Biei-Hokkaido / Japan>
北海道美瑛町の「哲学の木」
首を傾げて物思いに耽っている様に見えることからこの名が付いたという。
空には龍の姿、ゆるやかな時の流れのなかで語り合っているかのようだ。

>>商品詳細

Peuplier <Biei-Hokkaido / Japan>
流れる雲を背景に並ぶポプラの木々。
黄金色に輝く大地に影を落とす。大自然からの幸せな贈り物。

>>商品詳細

Promenade <Biei-Hokkaido / Japan>
空と大地の境界を突き抜ける様に伸びるポプラの木と青・白・黄・緑のバランスが美しい。

>>商品詳細

PromenadeII <Biei-Hokkaido / Japan>
穏やかな時間の中どこまでも続いて行きそうな道を空に向かって歩いて行きたくなる。

>>商品詳細

Spectator <Biei-Hokkaido / Japan>
気持ちよさそうに空と遊ぶかのように立つ一本の木。
刻々と変化する雲の様子を楽しむかのようにそこで空を見上げている。

>>商品詳細

Trois <Biei-Hokkaido / Japan>
3本に見えるポプラの木だが、実は手前から1本・3本・2本と計6本の木が並んでいる。
見る角度によって様々に違った顔を見せてくれる素敵な場所。

>>商品詳細

Shootingfire
夕日に染まり始めた渋谷の空、沈む太陽に雲が重なり、
白い軌跡を描き空を茜色に染めながら流れ落ちてゆく炎のようだ。

>>商品詳細